医療用かつらの情報はどうやって集めるか

医療用かつらを購入しようと検討している場合は、メーカー専門のスタッフに相談することがよいでしょう。医療用かつらのメーカーには抗がん剤治療などの専門のスタッフがいることが多いためです。また、最近では患者支援センターなどでも情報収集が可能です。センター内ではかつらの説明をおこなってくれます。サンプルのかつらもインターネットから取り寄せることが可能です。パンフレットやカタログも種類が多く、配布されています。インターネット注文では、セミオーダーもできます。この場合は、フルオーダーよりもお値段が安く購入することができます。初めての注文でも、希望のヘアスタイルにオーダー可能であり、専門のスタッフがアレンジしてくれるので安心しておまかせできます。

つけたときに自然である医療用かつらを選びましょう

医療用かつらとは、抗がん剤の副作用による脱毛や怪我、ストレスなどが原因で髪にトラブルがおこった場合に適用されます。医療用かつらは、種類やメーカーも数多くあります。また、脱毛によるサイズ変更や頭皮が敏感になりやすいことから、これらに対応できる医療用かつらを利用します。選ぶときのチェックポイントは、まず、つけたときに自然であることです。毛質も化繊であったり、人毛であったりします。それぞれに特徴がありますが、見た目の自然さでは人毛が勝ります。化繊は手入れがしやすいことが特徴です。どの点を重要視するかによって、選び方もかわってきます。つけたときにつむじの位置や襟足が浮いていないかなどのチェックをするとよいでしょう。また、髪質に違和感を覚えないことも重要なポイントになります。

細かなサイズ調整がおこなえることも大切

医療用かつらを選ぶときは、サイズが調整できるものを選ぶことも大切です。例えば、抗がん剤治療で脱毛すると、頭のサイズも変わってきます。アジャスターがついているとサイズ調節も可能なので、大変便利です。また、細かいサイズ調整ができるものであることも重要です。頭の形に合わせたサイズ調整がおこなえるものだとよいでしょう。その他、自分の好きなスタイルにできる医療用かつらであることも重要なポイントです。ヘアスタイルを自由に変えることで、自由にお洒落もでき、治療によってスタイルを変えることも可能になります。販売店は、アフターフォローをおこなってくれるところを選ぶとよいです。サイズが合わなかったり、不良である場合にも、きちんと対応してくれるお店であると安心です。