医療用かつらにかかる費用はどれくらいか

抗がん剤によって一時的に脱毛症となった場合や、円形脱毛症などによって医療用かつらを着用する人は少なくないとされていますが、医療用かつらにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。初めて医療用かつらを使用する人にとって、どのくらいの予算が必要なのかわからないという人も多いことでしょう。最初に高い医療用かつらを購入してしまったものの、選べるのであればもう少し安く済ませたかったという人もいると思われます。また、医療用かつらは保険適用ができるのか、医療費控除の対象になるのかについても一緒に考えてみましょう。あらかじめ把握しておくといざ医療用かつらを購入しようと思った時にしっかりと予算を組むことができますので、参考にしてみることをおすすめします。

医療用かつらにかかる費用ってどのくらい?

医療用かつらの費用はどのくらいなのか気になるところと言えますが、様々なかつらメーカーが存在し価格帯も幅広いため、どの程度が平均相場なのかわからないという人は比べようがないと言えます。費用については、既製品を使用するのかあるいはセミオーダーかフルオーダーなのか、人毛か人工毛を使用したものにするのか、カット代などは含まれているのかいないのかということによっても異なってくるとされています。一律で6万円程度のところもあれば既製品のショートタイプであれば4万8000円~5万9000円、セミオーダーの場合は15万前後というのが一般的なようです。もちろん、ショートではなくロングタイプが良い場合にはさらに費用がかかると思われますので、実際に医療用かつらを購入するお店を決めたら費用についてしっかりと確認しましょう。場合によっては、いくつかの店舗を回ってみてから最終的に決めていくのも良いでしょう。

健康保険や医療費控除はできる?

医療用かつらは、その名前の通り医療に関係するかつらですので健康保険の適用が可能なのか医療費控除の対象になるのか気になるところです。健康保険が適用となれば負担額が少なくて済みますのでより安く購入できると言えるでしょう。しかし、残念ながら医療用かつらは健康保険の適用外となりまた医療費控除の対象にもならないとされています。例外として、かかりつけの医師が日常生活を送るにあたって医療用かつらの着用が望ましいと診断書などに記載した場合には医療費控除に対象になることもあるとされていますが、見た目の改善のために医療用かつらを購入する場合には全額自己負担となってしまいます。ただ、医療用かつらも高価なものから比較的安価なものまでたくさんの種類がありますので、まずは医療用かつらを扱っているお店で相談をしてみるのが良いと言えるでしょう。